小鼻の気になる毛穴の黒ずみ

毛穴の黒ずみで、一番気になる部分は、「 鼻 」だとおもいます。毛穴の黒ずみは、皮脂や老廃物や、埃などが混ざったものが、酸化して固まったもので、毛穴にたくさん黒ずみが詰まっていればいるほど、毛穴が黒く見えます。顔のなかで、皮脂が多く分泌される部分といえば、おでこから鼻にかけての「 Tゾーン 」ですが、鼻は顔の中でも突起しているので、外からの汚れがつきやすく、黒ずみが起きやすいのです。また、鼻を触る癖がある人は、通常よりも、菌や汚れが多くつきやすいので、やめましょう。黒ずみの原因はそれだけではありません。そして、メイクの落とし残しがあることでも、黒ずみが起きてしまいます。・・かと言って、ゴシゴシ洗顔しすぎるのもNGです。必要以上に皮脂を落としてしまうと、肌は余計に皮脂を分泌させようとして、皮脂がたまりやすい状況になります。基本的に、脂性肌の人も、乾燥肌の人も、一日の洗顔は、朝と夜で十分です。そして、どんな肌の人であっても、優しく洗い、洗顔料は刺激を与えるので、なるべく短時間で洗うようにします。毛穴の黒ずみが気になったときの対処法ですが、洗顔だけでは取れなくなったとき、毛穴パックがおススメです。ビオレやソフティモが毛穴パックを売り出しています。その際は、十分に温めてからが効果があります。黒ずみの材料である角栓は、温めることで、やわらかくなります。お風呂上りがいいでしょう。毛穴パックをはって10分、15分ぐらいして乾いたら、しっかり化粧水や乳液で整えます。引きしめ化粧水を使用すると、効果はUPします。

肌の黒ずみに良い方法

皮脂がどんどん溜まってくると、毛穴が黒ずんできて、毛穴に詰まった皮脂がポコっと顔を出します。このような状態が続くと、毛穴の広さに対して、皮脂の量が大きくなるので、毛穴は広げざるを得ません。さらにこの状態がどんどん続けば、毛穴は、元通りにならないくらい開ききって、クレーターのように凸凹してしまいます。ここまでいくには、何年かかかりますが、気づくころには手遅れなことが多いので、若いころから気をつけておく必要があります。毛穴の黒ずみに良いほうほうは、洗顔はゴシゴシ洗わず、優しく洗って、肌を傷めないこと。皮脂分泌過多を防ぐために乾燥させないこと。保湿をしっかりすることです。肌を優しくケアすることは、肌の黒ずみを起こさないことでもあります。黒ずみ解消に良い方法は、洗顔する際に、あわ立てネットを使ウことです。あわ立てネットなら、手で泡立てるよりも繊細な泡を作ることができるので、泡の弾力だけで、洗顔することができます。また、黒ずみには、さっぱりタイプの化粧品よりも、高保湿の化粧品がおススメです。黒ずみの原因となる、乾燥を防ぐには、洗顔後の保湿が決め手になります。冬場なら、加湿器を炊いたほうが良いでしょう。また、空調の完備で年中起こりうる、インナードライのためにも、一日に水分補給を1.5リットルはとることがおススメです。

おすすめHP

更新履歴